ABOUT USアーツフィールドを知る|株式会社アーツフィールド採用サイト

代表メッセージ

アーツフィールドのトップから、あなたへのメッセージ

経営者 代表取締役社長 相澤 秀幸|株式会社アーツフィールド

社員の
”当たり前”の
幸せをつくりたい

経営者

全てのメンバーに
最高の人生を

「社員の当たり前の幸せにコミットしたい」

我々が運営する携帯ショップが起点となって、
そこに関わってくださる全ての皆様を
幸せにできるような接客サービスを
提供し続けていくことを使命として日々邁進しております。

お客様はもちろんのこと、働く私たちも例外なく、
どんな形であっても個々人にとって最高の人生を送って欲しい。

仕事だけでなく、私生活を含めて、アーツフィールドという場が
「1人1人の社員の生き方を考える場」にしたい。

その上で、アーツフィールドが無くてはならない場になれるのであれば、
経営者としてこれ以上に嬉しいことはありません。

会社上の立場としては、“経営者”ではありますが、
“経営者”というよりは、
一人一人の社員の、
良き人生の相談相手になっていたい。
第二の親としての関係を社員と築くことが私の目標です。

もちろん、地域のお客様も含めて、
関わるすべての人を幸せにするには、成果も求められます。
いま、山形県寒河江市、天童市中心に
一番の顧客数を保有できているのも
「何事も一番を目指す」
という理念のもと、社員一丸となってやってこれたからです。

そして、創業からずっと変わらないアーツスピリッツの根幹は、
「何事も一番を目指す」
「まずは実行してみる」

ここに尽きると思います。

スキルは問いません。
ポジティブで実行力があって、一緒に一番を目指せる方であれば、
きっとアーツフィールドで爆発的に活躍できると思います。

社員の幸せが、地域に愛されるショップであり続ける
唯一の条件であることを信じています。

代表取締役社長相澤 秀幸 (Hideyuki Aizawa)

実家が電気屋の長男として生誕。実家を継ぐタイミングで、当時まだ
携帯電話が普及していない時代に、
携帯ショップ事業進出の話が舞い込む。
「1人1台携帯電話を持つ時代が来る」
という時代の流れを確信し、
「人がまだやったことがないことをやる」
「やらないと始まらない」
という信念でもあるチャレンジ精神で
新規事業参入に成功した。
山形県寒河江市・西村山地区において、
携帯ショップ事業の先駆者でもある。

経営者 代表取締役社長 相澤 秀幸|株式会社アーツフィールド
取締役 代表取締役社長 相澤 秀幸|株式会社アーツフィールド

現場スタッフを
ラクにしてあげたい

取締役

社員の幸せの先に
お客様の幸せがある

「答えは現場にある」

私たちは、地域のお客様に選ばれ、愛され続けるショップを目指して、
日々精進しています。

時には、困難もありましたが、
解決策は、いつも現場にありました。

通信業界は、どんどん進む技術革新の中で、
とても速いスピードで変化しています。
10年前に比べると、想像もできないほど便利な世の中になりました。

そんな中で、地域のお客様に寄り添える、唯一の存在になるという
大きな目標を達成するためには、
一人一人のお客様を大事にする、一人一人の現場スタッフの応対が
すべてと言っても過言ではありません。

人は財産です。

長い目で見れば、現場で働く社員の幸せが
地域のお客様の幸せへとつながっていくはずです。

私は、そんな現場スタッフの働く環境を最重要テーマとして、
いかに現場がラクに成果を出せるかを追及しています。

もちろん、プライベートも重要です。
我が社では、社長と社員の距離がとても近いのが一番の強みでしょう。

プライベートなことでも、気軽に相談できる
家族のような社長や仲間がいる環境です。

これからも、現場で働くスタッフの幸せと
その先にある、お客様の幸せを追求していきたいと思います。

常務取締役樋口 和馬(Kazuma Higuchi)

名古屋の家電量販店にて、実務を経験した後、携帯事業に可能性を感じて、24歳でアーツフィールドに入社。当時、携帯事業にシフトしたばかりの会社を、社長と二人三脚で軌道に乗せた。社長の右腕として、創業から一番苦しい時期を共にし、幾多の困難を乗り越えてきた。モットーは、「長期的な視点を持つこと」現場社員には、できるだけストレスなく過ごして欲しいと話す会社のリーダーは、これからも先を見据えて、スタッフがラクをできる仕組みを目指す。

取締役 代表取締役社長 相澤 秀幸|株式会社アーツフィールド
エントリー

コンタクトCONTACT